• ホーム
  • 感染症治療薬ジスロマックと広島と急性扁桃炎の関係性

感染症治療薬ジスロマックと広島と急性扁桃炎の関係性

カプセルと瓶

感染症の治療薬として有名なジスロマックは、細菌を殺菌する作用があるので、細菌が原因となる様々な病気に使われます。
感染症は、細菌やウイルスが人間の体内に侵入して起こる病気です。
腫れや痛み、発熱など、様々な症状が出ます。

ジスロマックは、主に細菌による感染症に使われます。
ジスロマックは、発熱やのどの痛みを伴う風邪の治療にも使われます。

日本では、性器クラミジア感染症の治療薬としても有名です。
性器クラミジア感染症は、世界でも日本でも、性感染症の中で患者数が最も多いと言われています。
特に、若い世代での感染が多く、最近では、高校生の感染者も増えています。
性器クラミジア感染症は、性交渉で感染することが多いです。
感染しても、症状が出ないことも多いため、知らないうちに感染が広がっていることもあります。
また、女性の場合、感染すると、将来不妊症になる危険もあるため、注意が必要です。

広島でも、性器クラミジア感染症の患者は多いです。
広島は、観光客が多く、観光客の中には、広島で遊んでいて性器クラミジア感染症にかかったという人もいます。

急性扁桃炎は、細菌感染が原因のものと、ウイルス感染が原因のものがあります。
急性扁桃炎の症状は、発熱、のどの痛み、倦怠感などです。
子供が急性扁桃炎にかかった場合、脱水症状が起き、重症化することもあるので、気を付ける必要があります。
急性扁桃炎の治療には、抗生物質を使います。
痛みに対しては、消炎鎮痛薬を使い、うがい薬が処方されることもあります。
また、脱水症状がある場合には、点滴治療が行われることがあります。

急性扁桃炎は、重症化すると、扁桃周囲炎を合併することもあるので、なるべく重症化しないように、症状が出たらすぐに病院に行って治療することが大事です。